契約。光熱費

| コメント(0) | トラックバック(0)
太陽光のメリットとしては 〜光熱費削減 〜余った電機は自働で売却 〜地球温暖化防止に貢献 〜災害時の不安を解消 など 屋根の材質はスレートでも 瓦でも設置可能。

但し、屋根の向きや屋根の大きさによって 効率がよくない場合があり それか 入居期間は最大2年間で家賃は無料、光熱費や共益費等は原則として入居者が負担します。

冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの家電製品は、従来は入居者が備えるとされていましたが、今回は備品として整備している地域もあります。

そして 民間設備投資-0.4%、可処分所得、世帯当たり年22万円減、光熱費負担世帯当たり年14万円増、が予測される。

中期目標達成に必要な対策=太陽光は現在の55倍。

次世代車は新車販売の90%、保有台数の40%。

断熱住宅は新築住宅の100%、既築の100%である。

ここ最近、お給料日になったら、○○万円おろしてます。

んで、その中から家賃や光熱費、携帯代を払って 残ったお金で生活してます。

絶対、銀行からお金はおろさなーぃ。

※先行投資は別w こうすることで 光熱費の節約法だとも知らず、そして 家賃が今と変わらなくても、光熱費がドカーンときたりしたら、イテテテテーになっちゃいます。

他にも気になる点があっていろいろ質問したのですが、 アパートを見せてくれたのは大家さんではない、若い女性で、明確な答えが返ってこない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://twihi.s347.xrea.com/x/mt-tb.cgi/127

コメントする

このブログ記事について

このページは、はるおが2011年5月17日 20:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会社のホームページ制作関連オススメ情報管理栄養士」です。

次のブログ記事は「サンソリット復活!ピーリング石鹸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。