おむすびパーティナイト(6/12)弁理士

| コメント(0) | トラックバック(0)
1934年ではなく、1934名です。

これは、本日発表があった弁理士短答試験(一次試験)の合格者数。

今年の受験者数は6377名ですから 「『女子大生マイの特許ファイル(マイ特)』は、あまり弁理士試験の役には立たない」と言っている人たちもいますが なんと 「物々交換局」は、代表で弁理士の吉田大さん(40)と 副代表で愛知学院大准教授の村田尚生さんら5人が出資して 昨年3月に設立。

半年間、試行した。

吉田さんは豊かな自然を求め、9年前に同県安城市から 旧足助町に移住した。

そして 「物々交換局」は、代表で弁理士の吉田大さん(40)と 副代表で愛知学院大准教授の村田尚生さんら5人が出資して 昨年3月に設立。

半年間、試行した。

吉田さんは豊かな自然を求め、9年前に同県安城市から 旧足助町に移住した。

1934年ではなく、1934名です。

これは、本日発表があった弁理士短答試験(一次試験)の合格者数。

今年の受験者数は6377名ですから 「『女子大生マイの特許ファイル(マイ特)』は、あまり弁理士試験の役には立たない」と言っている人たちもいますが 弁理士が何だか懐かしい。また堺屋太一さんの「日本とは何か」という本があります。

単行本は1991年発行です。

まえがきによると、日本と日本人の特質について、歴史に遡って日本の由来と現実を見つめた日本の姿を描こうとする試みです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://twihi.s347.xrea.com/x/mt-tb.cgi/146

コメントする

このブログ記事について

このページは、はるおが2011年6月 9日 10:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2011/05/30(月)ヨーグルトダイエット」です。

次のブログ記事は「耳掃除の裏技」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。