上士幌町原発いらないまちづくり条例制定に対する町長意見書地方自治法

| コメント(0) | トラックバック(0)
地方自治法では 住民訴訟で住民側が勝訴した場合、自治体に弁護報酬を請求できる と規定されていて、市民グループは市に対して弁護報酬2300万円あまりを請求しました。

なんと新庁舎建設の是非を問う住民投票条例制定を求める安曇野市の住民団体「“新庁舎”住民投票の会」(横地泰英代表)は7日、地方自治法の直接請求に必要な署名集めの期限を迎えた。

署名数は同日午後5時現在で3200人分を超え それか 総務省は外部監査を導入するべく、地方自治法の抜本改正案を作ったが、審議は止まっている。

現行法の下では、監査結果に不服の場合、弁護士を立てて費用の掛かる「訴訟」に持ち込むしか方法はなく、これが、事実上、「大きな関所」となっている。

〜いずれの構想も地方自治法などの改正が必要で、簡単に実するものではなく、おそらくは 5 年、 10 年のスパンで取り組む必要があること 〜いずれも、実現するための具体的な手順と方策が示されてい ないこと 〜いずれの構想も 地方自治法だとも知らず、また 以上、大阪府から権限移譲を受けた事務を豊能地区2市2町で共同処理する方法は、地方自治法の改正により可能となったものですが、新しい広域連携の方法として、今後、さらに大阪府からの権限移譲を積極的に推進する可能性を持っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://twihi.s347.xrea.com/x/mt-tb.cgi/263

コメントする

このブログ記事について

このページは、はるおが2011年11月 8日 15:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「野菜ソムリエ認定の店☆クルーズ・クルーズ新宿店の素敵なラ ...咳止め」です。

次のブログ記事は「男子→美容室☆女子→脱毛わき脱毛」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。