Colossalmyopia/Marc Rizzoフラメンコの曲

| コメント(0) | トラックバック(0)
お店ごとに味が違うのでしょうか。

一度ホテルに戻りベランダから眺めていると↓海に続く道で催し物が。

コンサート会場のようです。

そういえば、この街ではいつもどこからかフラメンコの曲が流れていました。

今晩は何をやるのかな?わくわく。

それか 「この曲はメタルですよ」「この曲はフラメンコですよ」と看板つきの楽曲が交互に編まれているというだけで、やはりフラメンコの曲では素直に上手いなあと感じさせるだけのものはあるのだけれど、だったらぶっちゃけ純粋なフラメンコギターのアルバムを聴け そして もしかしてこれは年取って頭が固くなってるってことか〜?? それでも、フラメンコの曲に浸りきる数時間は本当に楽しくてあっという間でした。

ああ、いつかはあんな風に歌えるようになりたいものです。

6月1日 フラメンコの曲種にファルーカがある。

Amの4拍子の曲でいわゆる西洋音楽の知識で入っていける。

フラメンコ音楽特有の12拍子ではなくフリジアンモード(ミの旋法)でもないため、もちろん奥深い曲ではあるが真っ先に取り組むことが多い。

フラメンコの曲だと言っていた。当然 このフラメンコの曲、自分が競技をやっていた頃、聞いたことがあった。

その懐かしさも相まって好きなのかもしれない。

ミテバは曲に合わせた一瞬の静止、足を踏む、視線を決める、そんなアクセントの付け方が非常に上手で印象的。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://twihi.s347.xrea.com/x/mt-tb.cgi/340

コメントする

このブログ記事について

このページは、はるおが2012年2月28日 14:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第6回新入社員研修研修報告書の書き方」です。

次のブログ記事は「ザ・リッツ・カールトン京都 「(仮称)京都鴨川二条ホテル ...フォーシーズンズホテル&リゾート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。